総計: 388888  今日: 17  昨日: 58       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
起業サポートセンター
リンク
中小企業診断士・行政書士
取り扱い業務
御相談について
免責事項
当事務所の実績
 
 
  会社設立
    株式会社設立
  創業・開業支援
    コンサルティング
    飲食店
  経営診断
    製造業経営革新
    建設業経営革新
  ISO構築支援他
    品質ISO
    環境ISO
    個人情報保護
  NPO法人設立
    NPO法人設立
  建設業関係
    建設業許可申請
    経営事項審査
    産廃業許可申請
  相続・事業承継
    遺言書作成
    遺産分割協議書
  国際業務
    在留資格
  内容証明
    内容証明作成

 

 

 

   中小企業診断協会北九州部会で行なってきました、

「飲食店研究会−うどん店○○の経営改善計画」について随時

報告していきます。

なお、報告については守秘義務の関係から固有名詞は一切排除して

います。また、報告の流れから固有名詞の排除が困難な箇所は、報

告全体を割愛しています。

テキストは特に使用していませんが、戦略策定の際BSC(Balanced

Score Card)手法を採用しましたので、次の書籍を参考にしました。

バランスト・スコアカードによる戦略マネジメント―経営品質を高めるための戦略立案と実行管理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「バランスト・スコアカードによる戦略マネジメント」

 

<報告1>
  報告全体の流れ
   
   
  研究活動のグループ経緯
  1.現状分析
  2.改善目標の設定
  (1)   利益目標の設定
  (2)   売上目標の設定と検証
  (3)   顧客拡大対策の目標
  3.BSCを活用した戦略立案
  4.具体的改善対策
  (1)   顧客の視点
  (2)   業務プロセスの視点
  (3)   学習と成長の視点
  研究グループ活動の成果
   
   

 

   
  研究グループ活動の経緯
   
  <研究経緯>
   期間:H17年3月〜H18年1月
   経緯:H17年3〜4月 診断報告書にもとづく企業の現状確認
   
              5〜6月 店舗展開のコンセプトである「こだわり」
                                   について議論
   
              7〜9月 課題の抽出・分析と改善施策の検討
   
             10〜1月 検討内容の整理・確認と報告書の作成
   
  <メンバー>
   中小企業診断協会福岡県支部北九州部会会員 4名
   
   

 

   
  1.現状分析
     企業経営をみると、経営方針、事業計画等は作成されて
    いること、財務構造の面も若干の改善で収益に大きく影響
    を及ぼす事項はないことから、当面は、現状の経営基盤を
    前提とした改善検討が妥当であると判断し、現状分析を行
    った。
   
  (1)   損益状況
    店舗別損益計算書から、以下の事項を確認した。
    @A店の損失が全社の低収益の最大要因であり、A店の
     収益改善によって全社収益目標の達成が可能である。
      AB店も赤字状態であるが、先ずはA店を検討対象として
         改善し、全社共通事項の実施によってB店の収益向上
        も可能である。
     B収益改善の検討対象としては、売上高増、原価低減が
        あるが、店のコンセプトである「こだわり」を意識した改善
        施策が必要であり、売上高増を重点目標とすることが有
        効である。
    C原価低減については、売上高増施策を前提としても、な
       お収益改善の余地があり、管理面の改善、強化が必要
       である。
   
  (2)   販売状況
      売上関係資料(曜日別・時間帯別売上高)から、以下の
    事項が判明、推定される。
   @A店の曜日別売上実績では、売上高、来店客数ともに休
    日が多く、平日は休日の60%程度の確保にとどまってい
    る。この傾向は、他の店舗でも同様な傾向が出ている。
   A時間帯別売上実績では、当然のこととはいえ、各店舗と
     も昼食時間帯に過度に集中しており、特にA店にこの特
    徴が強い。
   B売上実績の内、客単価については各店舗とも、平日・休
     日の差はなく、平均625円とうどん屋としては高価格を確
    保できており、「こだわり」の結果であると考えられる。
   
  (3)   管理実態
    経営課題整理結果から、以下の事項が重点改善項目と
    判断した。
   @予算管理
     予算管理については、予算設定、目標値の徹底、予実
     分析ともに、かなりのレベルまで実施されている。
    この中でも、さらに体系化され、継続した改善活動に結び
    つく制度とするために、実現策に裏打された予算(目標)
    設定、予実分析の次の活動への連動等が検討課題と
    してあげられる。
   A人事管理
    人事管理についても、パート・アルバイトの時間帯別人
    員管理、各人の役割分担の見直し等、人件費削減に向
    けた管理と改善が実行されている。
    今後の課題としては、社員(責任者)とパート・アルバイト
    との役割分担の変更をも考えた意識、モラール、育
    成対策があげられる。
   
  ※分析資料
    @店舗別損益計算書
    A曜日別・時間帯別売り上げ実績(POSデータより)
   

 診断協会北九州部会
北九州部会
支援センター経営相談
05年3月
05年5月
05年6月
05年7月
05年8月
05年9月
05年10月
05年11月
05年12月
06年1月
06年2月
06年3月
06年4月
06年5月
06年6月
06年7月
06年8月
06年9月
06年10月
06年11月
06年12月
07年1月
07年2月
07年3月
07年4月
07年5月
07年6月
07年7月
07年8月
 介護研究会
第1回報告
第2回報告
第3回報告
第4回報告
第5回報告
第6回報告
第7回報告
第8回報告
第9回報告
 飲食店研究会
第1回報告
第2回報告
第3回報告
 九州職業能力開発大学校
概要
生産経営実務科
営業ビジネス科
高度アビリティ
九州創業サポートスポット
 北九州国際技術協力協会
KITA概要
韓国中小企業者技術研修
murata consulting service ver1.0