総計: 388888  今日: 17  昨日: 58       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
起業サポートセンター
リンク
中小企業診断士・行政書士
取り扱い業務
御相談について
免責事項
当事務所の実績
 
 
  会社設立
    株式会社設立
  創業・開業支援
    コンサルティング
    飲食店
  経営診断
    製造業経営革新
    建設業経営革新
  ISO構築支援他
    品質ISO
    環境ISO
    個人情報保護
  NPO法人設立
    NPO法人設立
  建設業関係
    建設業許可申請
    経営事項審査
    産廃業許可申請
  相続・事業承継
    遺言書作成
    遺産分割協議書
  国際業務
    在留資格
  内容証明
    内容証明作成

 

 

 

<報告7>
  ケアハウスの設計のポイント
  1.設備基準
    [ケアハウス設計の設備基準]
     (1)軽費老人ホーム設置運営要綱
       老人福祉法及び厚生労働省社会局長通知「軽費
       老人ホームの設備及び運営について」にて示され
       る。「ケアハウス」の制度、整備、運営要領など業
       務への要求水準を示す。
   
     (2)指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運
       営に関する基準
       介護保険法に基づき、指定居宅サービス(訪問介
       護、通所介護、入所介護、福祉用具貸与)の事業
       の人員、設備及び運営に関する基準を定めている。
                ↓
     居住空間の設計を個室基調かユニットケア(入居者10
     人程度を1単位としたグループでケア)を基調とするか
     で基準が変わる。
   
    [個室基調の設備基準]
     (1)ケアハウスの規模
       建築面積:39.6m2以上/定員1人
       定員   :単独設置型 20名以上
              併設型    10名以上
         ※バリアフリー構造に配慮
   
     (2)居室(個室)基準
       居室面積:個人居室 21.6m2以上
               夫婦居室 31.92以上
       必要設備:洗面所、トイレ、収納スペース、簡易
              調理設備、緊急ブザーなど
   
     (3)居室以外での必須設備
       相談室、談話・娯楽・集会室、食堂、調理室、浴室
       (シャワー設備、バリアフリー構造)、洗濯室、事務
       ・介護職員会議室、宿直室、トイレ、洗面所、非常
       通報装置、消火設備、避難設備及び非難空地
       ※他の注意点
        放送設備:緊急時に備え、施設内に一斉放送で
               きる設備
        エレベーター:居室を2階以上に設ける場合
        階段:両側に手すり
        冷暖房設備:冷房設備は地域の気候に応じて整
                 備
   
    [ユニットケア基調の設備基準]
     (1)ケアハウスの規模
       上記個室基調と同じ
   
     (2)ユニットの定義
       10人程度の入所者が談話、娯楽、集会室及び食堂
       として使用可能な部屋(共同生活室)並びに、当該
       共同生活室に近接して一体的に設けられる当該入
       所者の居室を基本的な単位として構成する。
   
     (3)居室基準
       個室面積:個人居室 15.632以上
               夫婦居室 23.452以上
         ※個室基調に比べて狭いのは、共同生活室ごと
           にトイレ、調理設備を適当数設ければ、居室
           への整備が不要であるため。)
   
     (4)居室以外での必須設備
        基本的に、上記個室基準と同じ。ただし、要介護
        高齢者の入浴を考慮し、介助浴可能な特別浴槽
        の設置を要する。
   
     (5)その他
        ユニット型ケアハウスでは、「特定施設入所者生
        活介護」の指定が必要で、下記設備が必要
        一時介護室:24時間体制の介護が必要になった
               時のための施設。一時介護室に居室
               からの移動。要介護者2.5人に対し1人
               以上の看護介護職員を配置
        機能訓練室:理学療法、作業療法、言語療法など
                で、体の不自由な方の機能回復の訓
                練を実施する。リハビリテーション専門
                医のもとで指導訓練。
   
   
   

 

   
  2.生活環境への配慮
  [ゾーニング計画上の留意点]
   ケアハウスは、共同住宅と社会福祉施設の両面の性格を
   持つ。これを踏まえたゾーニング計画が入居率を高めるポ
   イントとなる。
   
  (1)生活ゾーン
    居住部門(居室):プライバシーに配慮
    共同生活部門:入居者や住民の憩いの場。施設内の利
              用しやすい場所に配置する。
              談話・娯楽・集会室、食堂、共同生活室
              (ユニット型)、浴室等
   
  (2)管理ゾーン
    事務(介護職員)室、会議室、宿直室、倉庫、ボランティア
    室等
    配置は入居者の生活ゾーンとの距離や訪問客への対応
    業務管理の利便性等を考慮する。
   
  [内部環境の基本的考え方]
    利用者にとって住みやすく快適な印象を与える必要があ
    る。木目調や自然環境の多用。
   
  [外部環境の基本的考え方]
   (1)敷地内に四季折々の草花が咲くような庭を設ける。
    入居者とボランティアが一緒に楽しめ、五感を刺激し、リ
    ハビリ効果も期待でき、地域交流にもなる。
    南側の日当たりの良い場所に庭園を作り、木製ベンチや
    コテージを設置する。
   
   (2)庭園内には車椅子での散策を考慮し、アプローチに段
    差を作らない。広くて極端な曲がりや高低差がないアプロ
    ーチなどバリアフリー構造に配慮する。
   
   

 

 診断協会北九州部会
北九州部会
支援センター経営相談
05年3月
05年5月
05年6月
05年7月
05年8月
05年9月
05年10月
05年11月
05年12月
06年1月
06年2月
06年3月
06年4月
06年5月
06年6月
06年7月
06年8月
06年9月
06年10月
06年11月
06年12月
07年1月
07年2月
07年3月
07年4月
07年5月
07年6月
07年7月
07年8月
 介護研究会
第1回報告
第2回報告
第3回報告
第4回報告
第5回報告
第6回報告
第7回報告
第8回報告
第9回報告
 飲食店研究会
第1回報告
第2回報告
第3回報告
 九州職業能力開発大学校
概要
生産経営実務科
営業ビジネス科
高度アビリティ
九州創業サポートスポット
 北九州国際技術協力協会
KITA概要
韓国中小企業者技術研修
murata consulting service ver1.0