総計: 390983  今日: 61  昨日: 63       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
起業サポートセンター
リンク
中小企業診断士・行政書士
取り扱い業務
御相談について
免責事項
当事務所の実績
 
 
  会社設立
    株式会社設立
  創業・開業支援
    コンサルティング
    飲食店
  経営診断
    製造業経営革新
    建設業経営革新
  ISO構築支援他
    品質ISO
    環境ISO
    個人情報保護
  NPO法人設立
    NPO法人設立
  建設業関係
    建設業許可申請
    経営事項審査
    産廃業許可申請
  相続・事業承継
    遺言書作成
    遺産分割協議書
  国際業務
    在留資格
  内容証明
    内容証明作成

 

 

 

 

<報告9>
  運営のポイント・・・サービス提供のあり方
   従来型か介護型かで異なる。
   
  <従来型>
   基本的に自立度の高い高齢者が入居⇒趣味活動や
                   レクレーション計画を重要視
   (1)相談、助言や介護保険サービスの利用
     ・入居者の経歴、入居前の生活・家庭状況、心身の
      健康状態把握
     ・自治体や介護サービス事業者との普段の連携
            ⇒必要時の紹介、手続き等の援助へ
   
   (2)食事
     ・1日3食の提供
     ・メニュー、食事時間の入居者意向への対応
   
   (3)入浴
     ・隔日以上の頻度で。ない日は出来る限りシャワー
      使用を可能とする。
      (個別の入浴介助は原則行なわない。)
   
   (4)日常における緊急時の対応
     ・職員体制の整備、関係機関(併設施設や医療機
      関)との連携
     ・非常通報装置や全館一斉放送設備活用により、
      緊急連絡を速やかに。
   
   (5)夜間の管理体制
     ・原則として宿直を置く。
     ・夜間対応の整備強化は今後の課題。
       ⇒加齢による身体機能の低下
       ⇒単独型の場合の外部機関の協力の必要性
   
   (6)保健衛生
     ・定期的な健康診断受診機会の提供
     ・この記録保存と健康の保持、疾病の予防努力
   
   (7)その他
     ・部屋 = 家 ⇒入居者のプライバシー、主体性の 
                                擁護
   
   

 

 

 

   
  <介護型>
   「特定施設入所者生活介護」の指定を受けた場合
            ⇒通常のサービス+「介護」
   具体的サービス内容・・・「指定居宅サービス等の事業
              の人員、設備及び運営に関する基準」
   
   (1)介護方針
     介護保険施設との差異・・・自立、要支援者と要介護
                      高齢者が一緒に入居
    @特定施設サービス計画・・・画一的にならないサー
                      ビス提供
    A家族へのサービス提供方法等の説明義務
    B身体的拘束の禁止(緊急やむを得ない場合を除く)
    CBの場合に身体的拘束を行なう場合の理由の記録
    Dサービスの質の自己評価と改善
   
   (2)特定施設サービス計画の作成
     計画作成担当者(介護支援専門員:ケアマネ)が作成
    @サービスの目標、達成時期、内容、留意点
    A計画原案の入居者への説明
    B計画を利用者へ交付
    C実施後も必要に応じサービス計画を変更
   
   (3)提供される介護サービスの内容
     ・上掲の「サービス計画」に基づいて提供
     ・入浴、排泄(トイレ誘導等)、食事、離床、着替え、整
      容その他日常生活上の世話
     ・入浴は週2回以上を基本。自らの入浴困難者⇒
              特別浴槽、介助浴等、場合により清拭
   
   (4)健康管理
     ・看護職員・・・入居者の健康保持のための適切な措置
              ⇒バイタルチェック(血圧、脈拍、体温、呼
               吸数等の確認)、投薬等
   
   (5)夜間体制
     ・介護職員を常に1名以上配置(対象者が全て要支援の
       場合は別)
   
   (6)協力医療機関等
     ・あらかじめ協力医療機関を設定。歯科医療機関との提
      携も必要
   
   (7)記録の整備及び保管
     特定施設事業者・・・以下の記録の整備(2年間保管義務)
     ・特定施設サービス計画
     ・具体的な介護サービスの内容等の記録
     ・身体的拘束時の記録
     ・介護業務を他へ委託した場合の記録
     ・違反事項(介護利用指示に従わないよう介護状態の悪
      化や保険の不正受給)通知記録
     ・入居者や家族からの苦情内容等の記録
     ・入居者に代わって居宅介護サービス費の支払いを受け
      ることへの同意書類
   
   

 診断協会北九州部会
北九州部会
支援センター経営相談
05年3月
05年5月
05年6月
05年7月
05年8月
05年9月
05年10月
05年11月
05年12月
06年1月
06年2月
06年3月
06年4月
06年5月
06年6月
06年7月
06年8月
06年9月
06年10月
06年11月
06年12月
07年1月
07年2月
07年3月
07年4月
07年5月
07年6月
07年7月
07年8月
 介護研究会
第1回報告
第2回報告
第3回報告
第4回報告
第5回報告
第6回報告
第7回報告
第8回報告
第9回報告
 飲食店研究会
第1回報告
第2回報告
第3回報告
 九州職業能力開発大学校
概要
生産経営実務科
営業ビジネス科
高度アビリティ
九州創業サポートスポット
 北九州国際技術協力協会
KITA概要
韓国中小企業者技術研修
murata consulting service ver1.0